Q&A(購入編)

Q&A購入1

Q 希望条件を伝えたら、物件は探してくれるの?

 お客様のご希望の条件(エリア、大きさ、予算、その他)等をお聞かせ頂き、そのうえで条件に近いものをご紹介させて頂きます。

Q いくらぐらいの物件が買えるかわからない。相談にのってもらえるか?

 最終的な借入は、審査をださなければ確定できませんが、無理なく返済可能な金額から借入額を逆算し、それに自己資金を足した額が購入できる目安とすると良いと思われます。計算もすぐに出させて頂きますので、ご相談下さい。

Q 電話ではなくメールで連絡を取りたいが大丈夫?

 基本、問い合わせ、物件資料送付等、メールで大丈夫です。しかしながら、メールでは伝わりずらい内容があったり、違う解釈をされる可能性やメールでは理解頂いているかわからなかったりするため、重要なことはメールだけではなく、電話でも説明させて頂きたく思っております。

Q 同時に複数の不動産会社に声をかけても大丈夫?

 同時に複数の不動産会社に声をかけても大丈夫です。但し、一般の住宅ですとほとんどがレインズやインターネットに掲載される物件である為、ほぼ同じ物件のご紹介になります。

 

 信頼できる不動産会社2社程度にしぼってお願いしてみてはいかがでしょうか。収益物件の購入の場合は、表にでない情報も多いため、複数に声をかけて情報の窓口を広げるとよろしいかと思います。

Q 購入価格を交渉できる?

 売主様の状況等により変わりますが、価格交渉可能な場合がございます。売主様と買主様の間に当社が入って交渉します。中には一切交渉に応じないという売主もいらっしゃいますが、まずはご相談下さい。

Q 購入を決めたらいつ引越できる?

 購入をする物件を決めて融資を受ける場合は、事前審査を行い、売買契約締結まで2週間位みておきましょう。

 

 契約締結後、融資の本申込から本承認までが通常1~2週間、その後金消契約(お金を借りる契約)を行い、融資実行となります。銀行に出向てい書類のやりとりもあり、通常、余裕を見て契約を行う為、売買契約締結後約1か月で引渡し期日を設けることが一般的です。つまり契約前2週間、契約後約1か月、合計1か月半位が引渡しまでの目安になります。

 

 但し、売主様から引渡し時期の指定がある物件もございますので、ご注意下さい。引渡し後にリフォームを行う場合は、その期間もプラスになりますので、ご承知おき下さい。

Q&A購入2

Q 賃貸と購入はどちらが得?

 前提条件(賃料や購入する物件の金額、借入金額、金利、何年間で比較するか等)によって一概にどちらが得とは正直言いきれません。それぞれメリットがありますので何を優先にお考えになられるかで変わってくるものと思われます。

 

購入のメリット

資産になる

もしもの時に団体信用生命保険で家族に家を残せる

自由にリフォーム・間取り変更できる

一般的に賃貸と比べて広く、設備も充実で快適

ペットが自由に飼える(戸建の場合)

老後の賃貸の貸し渋りの心配がない

 

賃貸のメリット

気軽に引越しできる(収入や世帯人数の変化、勤務地の変更等)

金利上昇リスクがない

固定資産税・修繕費の負担がない(間接的に支払っている)

Q 不動産会社とはどのように接すると良い?

 不動産会社の一番の目的は、ずばり物件を購入して頂くことです。当社では、お客様の希望に近い物件をご紹介し、見て頂いて、気に入って頂いて、納得いただいて購入頂き、最終的にお客様に喜んで頂けることを目標に業務を行っております。

 

 物件をご紹介・内覧頂いた時には、この物件の●●が良かったが〇〇がどうしても気に入らない等、又はもっと広ければとか駅に近ければ決めていた等、ご感想を頂けましたら不動産会社としても、次の紹介する物件の条件が絞れて、ご紹介しやすくなります。

 

 また、不動産会社の営業も一個人です。時間を使って紹介、案内をしています。そのように感想を言って頂いた方が気持ち的にも何とかそのお客様の為にと頑張れます。中には検討しますと言ったきり、電話してもメールしても連絡が取れなくなるお客様もいます。営業マンがどちらのお客様に良い思いをして頂きたいと考えるかおわかりになると思います。

Q 物件選びの条件が定まらない。どう決めていけば良い?

 まずは希望条件を並べてみて、優先順位を決めて行きましょう。次にその条件に近い物件を実際に内覧します。そうするとよりご自身の希望される優先順位が定まっていきます。

Q 中古物件を購入して、リフォームをしたい。どのように進めたらよい?

 まず、物件価格、リフォーム金額の合計した予算を決めましょう。その後、リフォームしたい内容から想定のリフォーム金額を考えて、逆算し物件を探すことになります。不動産会社でもご紹介できるリフォーム業者がいますので、併せてご相談下さい。

 

 もし、お客様でリフォーム会社が決まっている場合は、内覧の際に同行頂いても大丈夫です。

Q 頭金が少ないが購入できる?

 住宅は、頭金が少なくても購入可能です。金融機関の審査によりますが、物件価格にプラスして諸経費、リフォーム費用まで借入ができます。

 

 5年間で頭金200万円をためて20年ローンを組むか、頭金が少ないが今すぐ購入して25年ローンを組むかローンの完済時期は同じ年になりますが、どちらがお得でしょうか。

 

 現在の賃料や貯められる金額、5年後の金利により正確には言えませんが、月々の支払いが短くなった分負担が増える可能性が高く、賃料の支払いも入れると今買った方が得になる場合の方が多いと思われます。

物件探し、無料査定は下記バナーをクリック!!

札幌の不動産売買は、レジダンス株式会社にお任せ下さい!!

 

不動産の無料査定(訪問査定、簡易査定)、買取査定、購入のご相談等

不動産のことなら何でもお気軽にお問合せ下さい!!